So-net無料ブログ作成

お前の勝負は、きっとそのセンスに自分で気づいたところから始まると思うんだ。 その1 [雑談]

※文中の画像はすべてイメージです 


先日、アメフトの試合を「茶色い種みたいなの取り合うやつ」と、表現してみせた小2次女。 

ダウンロード.jpg

自分の好きなカレーや 

198001000008.jpg

餃子や 

gyouza_mainbig.jpg

唐揚げの時は 

c25c3130.jpg

ご飯を3杯もおかわりし、 


494e79f2a52a2342e2f4-LL.JPG


食べ終わるスピードもスタッフさん含め一番早かったりするクセに、 
ちょっとでも嫌いなものが入っていると2時間かかっても食事が終わらなかったり、 
たとえば私が仕事の忙しい時に 

「うんうん、終わったらサンリオピューロランド連れてってやるからな」 


75183_749_20f0646c_d92f6df9.jpg


などと適当な返事をしたあと約束を反故にしたら、 
もうそれこそ1年前のことまで引き合いに出してきて 

「あの時の約束はどうなったの?ねえ?ねえピューロランドは?」 

としつこく何度も聞いてくるぐらい物覚えがいいクセに、 
学童から帰ってきたらまず宿題をする、という約束を200回ぐらい破って 
100回ぐらいゲンコツを喰らい、そのたび 

「ひいぃん、とっとごめんなさい〜今度からちゃんと宿題します〜」 

と、大粒の涙をポロポロこぼしながら約束するのだが、 
その次の日にはもう忘れて私の目の前で帰宅後すぐに遊びだし、 
さらに 

「ねえ、とっとも一緒に遊ぼうよ〜」 

と言ってのけたりする、 とにかく極端なヤツなのですが… 
(そのあとは、あきれて怒る気にもなれなくなってしまうのです) 
俯瞰で見ている分には非常に面白いエピソードを矢継ぎ早に振りまいてくれるので、 
ついつい日記に書きたくなってしまいます。 


つい先日もリビングのTVで、 
CSスポーツチャンネルのよく知らない総合格闘技的な中継を 
適当につけていたのですが、それを見ながらぼそっと一言。 

070408_ufc_10.jpg




「これ、殺し合いしてるの…?」 

「……」 


20071016-02.jpg


いやいや、確かにちょっと血だらけな試合展開になってますけど! 

「殺し合いはしてないよ。これはちゃんとルールがあって、 
 その中で殴ったり蹴ったりしてるんだから」 

「ふーん、そうなんだ」  

「なに?面白いの?」 

「ううん、別に」 

そのまま特に会話が発展することなく、私は仕事部屋に引っ込んだのですが… 


約5分後。 

次女が仕事部屋に入ってきました。 


「とっとの嘘つき。やっぱりあれ殺し合いじゃん」 

「えっ?」 

ま、まさか、あのあとだれかが事故で…? 


「だって、男の人が『殺し合いに勝てばゆうしょうです』っていってたよ」 






『殺し合い』に勝てばゆうしょう…? 






……。 





「うぉいっ!そら『殺し合い』やなくて、『この試合に勝てば優勝』やろっ!」 


わが娘に関西弁でツッコんでしまいました。 

パート2へ続く・・・ 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

<a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-count="vertical" data-via="ATSUSHI_MORI" data-lang="ja">ツイート</a><script type="text/javascript" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script>

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。